もっと早く知りたかった!WordPressで記事を書くときに便利な小ワザ<3選>

もっと早く知りたかった!WordPressで記事を書くときに便利な小ワザ<3選>

…ホントにこんな扱いづらいエディタでブログ書いてるの??

沙知です。
ブログ毎日更新するぞ!と意気込んで早々に挫折しました。

でも、諦めない

このサイトは、WordPress(ワードプレス)で作っています。

アウトプットの場としてブログを作りたいな〜と考え
「ブログのはじめかた」で調べたところ

ほぼ全員(全サイト)が口を揃え
「ブログはじめるなら、WordPress!!」
と言っておりました。

WordPressは、それくらい有名&人気なソフトウェアです。

WordPress は…
・ブログを作成/運営するためのソフト
・オープンソースで無料

しかし…
いざ、ブログを作ってみて、記事を投稿しようとすると。。。

な、、なん..かクセが強い!!!このエディタ!!!

WordPressの管理画面には「投稿ページ」というものが用意されており
その画面で文章を打ったり、画像を貼ったりして記事を作成します。

この「投稿ページ」のエディタが、非 常 に扱いづらかったのです…

待ってくれ。WordPress使ってるみんなよ…
これ使いこなしてらっしゃるの???

そんなことを思いつつ、ヒィヒィ言いながら
これまでに10記事以上、投稿してきました。

そうしますと不思議なもので、だんだん扱いに慣れてくるんですね。
(いや正直まだまだ全然扱いづらいんですけどww)

というわけで今回は
WordPressの洗礼を浴びた(?)私が

「それ〜〜〜!!!最初に教えといてよ!!!」

とついつい笑ってしまった小ワザを、3つお伝えしたいと思います。

あるじゃん!便利なテクニック<3選>

「クラシックエディタ」のほうが直感的に使える

WordPressの投稿ページのエディタは「ブロックエディタ」というものです。
こちら、2018年のバージョンアップで登場した新しいエディタなのだそう。

▼ ブロックエディタ

このブロックエディタ、その名の通り
「見出し」「段落」「画像」などのブロックを並べていって記事を書くのですが…

・ブロックをちまちま並べていくのが面倒
・スタイルを設定しづらい

とくに困ったのは「スタイル」の設定でした。

私が使っているWordPressの無料テーマ「LION MEDIA」には、「ボックススタイル」「マーカースタイル」などのスタイルが予め用意されています。

LION MEDIAテーマのスタイルガイド

このスタイルを利用しようと思い、ブロックエディタで設定箇所を探したのですが、一向に見つからず。。。
最終的に、スタイル指定したい箇所だけ「カスタムHTML」に変換し、いちいち<div>や<span>のclassを手書きするという原始的な方法で凌いでいました↓

【例】spanタグのclassを「markerYellow」にする。

しかし!!
この方法に嫌気がさして色々ググってみたところ、もっと直感的にスタイルを設定する方法があったのです。

それが「クラシックエディタ」です。

▼ クラシックエディタ

こちら、「classic(=古典的な)」という名前の通り、ブロックエディタ以前に使われていたエディタらしく。「太字」「箇条書き」「中央寄せ」など、普段から見慣れているインタフェースなのです。

そして、このエディタに!!「スタイル」の設定箇所がありました。

これを知ったことにより、記事の作成が非常に快適になりました。

<使用方法>
 1. ブロックエディタで「クラシックエディタ」のブロックを追加
 2. 文章を書いて、スタイルを設定したい部分を選択
 3. 「スタイル」のプルダウンから好きなものを指定

新しいものが全てにおいて「良い」とは限らない。
新旧いいとこどりがきっと賢い!

プラグインで記事を「複製」しよう

次はこちら。
見出しの通り、記事の複製についてです。

記事を作成していた際に
「この内容って、とても1つの記事に収まらないよな…」
「今後もネタが作れそうだから、シリーズにしよう!」
との考えが浮かび
既に作成した記事を複製し、それを修正して新しい記事を作成したい!
という需要が生まれました。

天下のWordPressだ… 絶対そういう機能を用意しているはず!!!
と調べたら、やはりプラグインが用意されていました。

迷わず導入。

Duplicate Post

これにより、シリーズ内の文章構成を統一できました。

<準備>
 ・プラグインをインストールする
   WordPressの管理画面で「プラグイン」→「新規追加」
   「Duplicate Post」でキーワード検索→「今すぐインストール」

<使用方法>
 1. 「投稿一覧」を表示する
 2. 複製したい記事の「複製」ボタンをクリック

記事レイアウトの再利用で、効率UPにもなって最高

ありがとう「再利用ブロック」

ラストは「再利用ブロック」です。

これにはもう感謝しかありません。
いや〜本当に もっと早く知りたかった!!!

律儀に記事タイトルを回収

私が記事内で乱用している↑の「アイコン+吹き出し」。

こちらは、短いHTMLで構成されているのですが
はじめのうちは、使いたい箇所に都度「カスタムHTML」としてコピペしていました。

…しかし!!
このよく使うブロック(今回でいうとHTMLタグ部分)を「再利用ブロック」として保存しておくことができるんです!!

<準備>
 ・再利用ブロックを登録する
   再利用したいブロックを選択し「再利用ブロックに追加」

<使用方法>
 1. 使用したい箇所でブロックの追加→「再利用可能」を選択
 2. 使用したい「再利用ブロック」を選択
 3. 「通常のブロックへ変換」を選択 ※忘れない!!
 4. 適宜内容を修正

これによって、吹き出しを使うのがとっても楽になりました。

乱用も悪化するというやつですね!!(?)

「なんか使いづらい…」は改善の手がかりに

以上、できれば最初に教えておいてほしかったテクニック<3選>でした。

ここから先は個人的な蛇足なので、読んでも読まなくても大丈夫です。
(※あとで別記事にするかも)
2020年4月9日 追記。
記事にしました▼

何かを習慣化したいときは、それをやることに疑問を持つ隙を与えない。
だから、負担になりそうなことは、早めに芽を摘んでおく。

「もっと効率的に作業できないか?」
「もっと快適にツールを利用する方法はないか?」
常に考えていきたいと思います。

顕在的なものも潜在的なものも課題山積ですが
それらを自認したうえで、どう動くか。

これは、挑戦し甲斐しかないね!!

[Eye catch image] Photo by Plush Design Studio on Unsplash

IT / プログラミングカテゴリの最新記事