アウトプット習慣化に挑戦→1度目の挫折を経験したので、テコ入れする。part4(休日のやくそく振り返り編)【完】

アウトプット習慣化に挑戦→1度目の挫折を経験したので、テコ入れする。part4(休日のやくそく振り返り編)【完】

ゴールデンウィーク、最終日。

沙知です。
ゴールデンウィークの最終日は、このシリーズの完結編を書こうと決めていました。

この記事でわたしは、「休日のやくそく」というものをつくりました。

やくそく① ブログを書く時間を確保して、記事を書く
やくそく② 「平日の自分」を手助けする

これを1ヶ月間運用してみたので、今回の記事で振り返りたいと思います。

「休日のやくそく」導入(1ヶ月め)の振り返り
 ◇ 「毎日ブログを書く」を習慣化することができた
 ◇ 前半と後半で、課題が変化していたことに気づいた

やくそく①ブログを書く時間を確保して、記事を書く

習慣化のわかりやすい例えとして、こんな言い方がありますよね。

多くの人は、毎日歯磨きをする。わざわざ歯磨きするぞ!って気合を入れなくても、ごく自然にやる。むしろ、歯磨きしないと気持ち悪い、となる。これは、歯磨きが習慣化されているということ。

結論からいうと、わたしは
この1ヶ月で「ブログを書くこと」を習慣化できた
と思います。

その成果として、4/5(日)〜5/3(日)まで毎日更新を継続できました。
「ブログを書かないと気持ち悪い」という感覚もなんとなくわかります。
だから、5/4(月)の更新をサボってしまっても、(3月末に挫折したときより)スムーズに復帰できたと思います。

また、このことをこれまでの持論(?)で言い換えると
「3つの壁」のうち1番手前の壁を、あまり意識せずに越えられるようになった
ということになります。

①「よっしゃ!ブログ書くぞ!」とPCに向かうまでの ウォール・マリア
② ネタを整理して記事を書き始めるまでの ウォール・ローゼ
③ 記事を完成させて公開するまでの ウォール・シーナ

【思考整理】継続してアウトプットするため…最初に乗り越えたい壁<3つ>

休日のやくそくを作ったおかげで、第一関門の「ウォール・マリア」は膝上くらいの高さになったと感じます(あくまでも概念の話です)笑。

やくそく②「平日の自分」を手助けする

さて、問題はこちらになります。

現状の私のライティング能力では
記事を1本書くのに「3時間半」かけても、まったく足りていないww
(中略)
それで、翌週の苦しんでいる自分を救うべく、休日にできることをやっておきたい、というわけです。
具体的には
・どんな記事を書くか、予めネタを決めておく
・できれば見出しを作っておく
を考えています。

アウトプット習慣化に挑戦→1度目の挫折を経験したので、テコ入れする。part2(休日のやくそく編)

簡潔に言うと「記事を書くのに時間がかかるから予め準備しておこう」というやくそくです。

これを振り返ってみると、前半と後半で状況が変化していたとわかりました。

4月前半は、記事のネタにあまり困っていなかったので、やくそくどおり週末に、次週のネタを一覧にまとめていました。これにより、記事を「書き始める」ハードルが下がり、記事を「完成させる」ことに注力できていたんですね。相変わらず書くのは遅いですがw

しかし4月後半は、昨日書いた記事(【思考整理】ブログ、早くもネタ切れか…!?ひとり企画会議でネタのストックを作ろう)でも触れたとおり、書きたいことがなかなかまとまらず…。次週の一覧どころか、その日書く記事のタイトルすら浮かばない…という状態に。

ちょうどこの頃からリモートワークになったので、
浮いた時間を使ってなんとかしのぎました…

ただその一方で
タイトルが決まって記事を「書き始める」ことができれば、「完成させる」ことへの労力をそれほど感じなくなったのもこの時期になります。
調子がいい時は、2時間かからず1記事書けたりします(わたしにとっては大きな進歩です)…!

これってつまりどういうことなのか?
→ 前半と後半で、状況とともに課題も変化している

前半のとりくみで、第3の壁「ウォール・シーナ」に、どうやってハシゴをかければよいかわかってきたものの
今度は、第2の壁「ウォール・ローゼ」への早急なアプローチを求められている…!

振り返らないと、自分の成長ってなかなか気づけないんだな

というわけで
以前つくった「休日のやくそく」を1ヶ月運用してみた結果
でした。

この取り組み、設定した時は割とガバガバでしたが←
個人的にはやってよかったなと思っています。
というか、今回振り返ってみて、それを強く認識しました。

ネタ切れになっちゃったっていう話、本心では結構焦っていたんですよね。
昨日の記事も、割と苦肉の策でしたw

でも
あ、これ前に考えたやつ(第2の壁)だ。ぶち当たるべくしてぶち当たってる課題だ。
って、今日この記事を書いていて思いました。

「な〜んだ」という感じですね。

余裕がないと、どうしても自分のダメなところ、できていないことにばかり目が行ってしまうものです。
こうやって意識的に振り返って、言葉にして残していくと、自分の成長に気づいたり、課題の本質に近づける気がする。
アウトプットの効果ってすごいな〜と思いました。

なんだか締まりませんでしたがw
本日もお付き合いいただきありがとうございました。

[Eye catch image] Photo by Tumisu from Pixabay 

暮らしカテゴリの最新記事