【資格取得】「応用情報技術者試験」で合格するため、学習記録ページを作った

【資格取得】「応用情報技術者試験」で合格するため、学習記録ページを作った

セルフ背水の陣

沙知です。
昨日書いた恥晒し記事、何人かに閲覧されてしまったようなので…
(もちろん読んでもらうために書いていますがw)
前回記事 ▼
ぐだぐだ先延ばししていると、前回までの二の舞となることが目に見えているので、少しずつでもいいから前に進めようと思います。

→ とりあえず、学習記録用のページだけでも作っちゃおう

※ まだコンテンツはありません
この記事の続きを読んで欲しい人
 ・応用情報の勉強中です!という仲間
 ・応用情報じゃないけど、勉強中です!という仲間
 ・3回ダメだった人間が、どう頑張るのか気になっている調査員

<宣誓>2020年秋期試験を「ラスト応情」とする

最終目的はもちろん

応用情報技術者試験に合格する!!

次回の「2020年秋期試験(10月」を受験します。

ヒエ〜〜宣言しちゃったww
でも試験まで半年あるからたぶん大丈夫

合格のための戦法は、いたって単純明快です。

→ 学習を継続して、過去問対策万全の状態で試験に臨む

そして
そのために、学習したことを「記録」「公開」していきます。

学習したことを「記録」する理由は?

私はこの試験を3回受けて、痛感していることがあります。
応用情報技術者試験は、とにっ…かく…範囲が広い!!!

 

3回目の試験の際、午前試験は
過去問4年(8回)分 → 正答率80%

で臨んだ、と前回の記事に書きましたが…
全問題のうち、体感で2割くらいは「捨てる(=解かない)問題」でした。


今までは、いつも決まって2ヶ月前くらいから焦りだして、時間がないからとヤマを張って詰め込もうとしてきましたが
そんなんじゃあ、全っ然間に合いませんww

とくに苦手なのは「ネットワーク」と「計算」…

しかも覚えなきゃいけないのは、ワケのわからんアルファベットの羅列や、カタカナ語のフェスティバル。

学んだそばから忘れていくのです!!!
にんげんだもの!!!!!(大の字)


…人間が不得意なことは機械にやってもらうのが一番です。
今回作ったページに…
→ 学習内容を忘れないよう「記録」し、日々知識を蓄積していく!!

学習したことを「公開」する理由は?

記録」だけが目的なら、ノートにメモするだとか、勉強記録アプリを使うだとかでもOKです。
勉強記録アプリ
以前「Study Plus(スタディプラス)」というアプリを使っていましたが、継続できませんでした。3日目くらいで、勉強どころかアプリを開くのすら面倒になってしまいました…
ただ私は、この「公開」に3つの効果を期待しています。

・勉強を継続していくための圧力 モチベーションになる
・誰かに教えるつもりでアウトプットすることにより、知識が定着する
・同じように応用情報を受験する誰かの助けになれる(…かもしれない)

そんなことを考えながら、コンテンツを育てたいと思います。
今回作ったページで…
→ 学習内容を「公開」してやる気を維持し、誰かの役にも立ちたい

<気づき>中途半端でも前に進める…勢いが大事なときもある

以上
とにかく学習記録用のページだけでも作っちゃえ〜
という話でした。

昨日の時点で
合格を掴み取るページ
とかいうフワッとした存在でしかなかったものが

ちょっと役割を定義して、外側を用意しただけで…一気に具現化してしまいました(笑)勢いって大事ですね。

自分に圧力かけすぎてつぶれないよう
メンテしながら有言実行します

[Eye catch image] Photo by Green Chameleon on Unsplash

IT / プログラミングカテゴリの最新記事