【生活向上】二度寝しないでスッキリ起床。ゆる〜く実践して2週間継続できた理由は?

【生活向上】二度寝しないでスッキリ起床。ゆる〜く実践して2週間継続できた理由は?

ついに、、二度寝の誘惑に打ち勝った…!

二度寝って気持ちいいですよね。

私は朝起きるのが苦手で、平日は以下のループでした。

朝、いちど起きるも二度寝
→遅刻しないギリギリの時間に起床
→ドタバタと支度、通勤電車で居眠り
→日中、眠くて仕事にぜんぜん集中できない

仕事中の眠気は、社会人1年目の頃からかなり悩んでいるのですが
その原因のひとつが二度寝でした。

個人差もあるかもしれませんが、二度寝しちゃった日って普段の5割増しくらいで眠たいんですよね…

そんな私が、タイトル通り 「二度寝」しない生活を2週間継続 できたんです。
これは快挙といっても過言ではありません。

なぜ、二度寝しないでスッキリ起きられるようになったのか?

この記事では、その理由について考えてみたいと思います。

<理由>モーニングルーティーンを決めたから

ずばり、これにはきっかけとなる出来事が2つあります。

1つ目は、先月から出勤時間が10時になったこと。
2つ目は、YouTubeで「モーニングルーティーン」動画を見たこと。

転職で出勤時間が遅くなり、朝の時間に余裕が生まれました。
「せっかくだから出勤前に何かやりたい」と考え
YouTubeで見た「モーニングルーティーン」を
自分も決めてみようと思い立ったのでした。

そんなわけで、以下
「沙知のモーニングルーティーン(二度寝回避編)」です。

前日の夜にする準備<2つ>

(モーニングルーティーンって言ってるのに)しょっぱなから夜の話?
と思われたかもしれませんが…

この準備が、翌朝かなり効いています。

戦いはすでに始まっている

やることは2つだけ。

◎ストーブのタイマーを「起床10分前」にセット
◎アラームのサウンドは控えめな「きらめき」

北海道の朝はまだまだ冷え込みますので、「ストーブ」は必須です。
タイマーをセットしておくことによって
リビングのストーブ前が、明日の私のオアシスとなります。

また、起床するために欠かせないのが「アラーム」ですよね。
私は 就寝時間の6〜7時間後 にセットしています。

ここで重要なのが、アラームの「サウンド」です。
一般的に、目覚まし時計といえば「ピピピピピ」か「ジリリリリ」。
iPhoneのアラームも、初期設定は「レーダー(ピピピピピ)」になっています。
さらに、確実に起きるためにと音量も大きくしがち…

ですが、私は「控えめ」にします。
つまり、前述したようなけたたましいものではなく
比較的音の数が少なく、テンポもゆっくりなものを選択します。
(iPhoneの方は「きらめき」がおすすめです!)
音量も、心地よいけれど鳴っていることがわかる、くらいで。

準備ができたら、そのまま就寝 zzz

朝起きたら必ずおこなうこと<3つ>

…遠くから………アラームの音が…聴こえてきます…
が、この段階で瞼をひらくなんてことは到底不可能でしょう。

でも大丈夫…!
目は見えなくとも、手を伸ばせば…届く!!

さらに向こうへ…!プルスウルトラ!!

◎寝室のカーテンを開ける

ということで、何がなんでもカーテンを開けます。

アラームは鳴りっぱなしです。
うるさくないので止める必要なし。

目覚めたばかりの思考能力は、著しく低下しているので
(……眠たい……これはムリ……)
(…寒いし、オフトゥンからぜったい出られない……)

としか考えられなくなります。
前日の夜の決意など意味を成しません。
3才児くらいです。

そこで、目を閉じたまま「音」に集中します。
そう。「きらめき」です。

私の場合、これを聴いていると少しずつ微睡みから開放されはじめ
(…いや待てよ…?6時間も寝たしもう十分では…?)
(むしろリビングのほうが温かいのでは……?)

といった具合に心が揺らぎ始めます。
5才児くらいです。

◎ベッドメイキングする

ここまで来たら、二度寝は回避したも同然です。
意を決してベッドから飛び出し、オアシスへ向かいます。
ウワ〜〜〜!!!やっぱりあったか〜〜〜い!!!ということを確認し
手早くベッドを整えます。
掛け布団を直して、なんとなくファブリーズをします。

そして最後にダメ押し!!

◎寝室のドアを閉める

私の家は1LDKなのですが
リビングと寝室が横開きのドアで区切られるタイプの間取りなので
「一度起きても、また寝戻ってしまう」
という癖があったのです。

このドアを閉めて、「ここにベッドは無いよ」と脳を錯覚させることにより
二度寝を回避しました。

おめでとう。栄光は我が手に

二度寝を回避すると、その日の幸福度がUPする

よく「朝の過ごし方でその日の充実度が決まる」みたいな話がありますが
納得です。
私の場合は、二度寝せずに目覚められるようになったことで
「私もやればできるんじゃん」とちょっとした自信になりました。

それで気分良く(単純でよかった)
抜きがちだった朝ごはんを食べてみたり、軽く掃除機をかけたり、コーヒー飲みながらPCに向かったり…

朝の活動で、少しずつ理想的な生活を体現できるようになりました。

「モーニングルーティーン」ええやん!!
今後も少しずつアップデートしていきたいと思います。

ナイトルーティーンも決めよう

暮らしカテゴリの最新記事