【博物館めぐり】平取町立二風谷アイヌ文化博物館(前編)〜公共交通機関で行ってみた〜

【博物館めぐり】平取町立二風谷アイヌ文化博物館(前編)〜公共交通機関で行ってみた〜

2020年4月9日 追記。
注意①

この記事は、「不要不急の外出」を促すものではありません!!

注意②
これは「昨年(=コロナが流行していない頃)の体験」をまとめた記事です。

(改めてお伝えするまでもありませんが)世界的にコロナウイルスが流行しています。
1年以上前から心待ちにしていた、白老の「ウポポイ」開業も
憎きコロナの影響により、5月29日(金)に延期となってしまいました。
以下でご紹介する博物館(お店、地域)への来訪はコロナが収束してから。
心よりお願いいたします。

日高地方に試された道産子

沙知です。
昨年、博物館めぐりの楽しさに目覚め
北海道内各地の博物館や資料館に足を運びました。

第1弾の記事はこちら▼

あみゅーの公式Twitter様にいいねされてて嬉しかった。オタク全開だけど…

第2弾は、二風谷(にぶたに)編をお届けします。

平取町立二風谷アイヌ文化博物館
http://www.town.biratori.hokkaido.jp/biratori/nibutani/

「車ない」&「時間ない」縛りでハードモード

今回、タイトル通りまさかの前後編となります。前編は
博物館へたどり着くまでに、いかにやらかしたか
を綴ります。…ただの反省文です。

まず前提として、この旅における2つの「ない」をご説明します。

◆  → ない
大学在学中やっとの思いで免許を取得したものの、ペーパードライバーを極めています。運転しないから事故も違反も起こさずゴールド免許。
道民の暮らしには車が必須ですが、札幌住みの独身女には今のところ必要ありません。

◆ 時間 → ない
二風谷へ向かったのは昨年1月20日のこと。日曜です。
前日土曜の昼すぎに札幌を出て、苫小牧に一泊しました(あみゅーに行ったのはこの日)。
なので、スタート地点は苫小牧です。

札幌から苫小牧は、50分〜1時間半で行けちゃう(JR)

ふ〜ん。そしたらもうちょっとじゃん。
って思うじゃないですか(思った)

しかしこの日、急遽夕方から札幌で人と会う予定が入り…
資料館前の停留所を13:10に出発するバスに乗らないと、遅刻してしまう…!!

なお、資料館の開館時間は「9:00 〜 16:30」。
→ 9時台に入館してじっくり鑑賞したい!!!

そんなわけで、実行したタイムスケジュールがこちら。
(※時間は当時のものです)

<行き>
①苫小牧 5:40 〜(JR日高本線)〜 6:54 富川
②富川駅前 8:28 〜(バス)〜 8:52 平取
③平取 9:45 〜(バス)〜 9:54 資料館前

<帰り>
④資料館前 13:10 〜(バス)〜 13:42 富川駅前
⑤富川大町 13:50 〜(高速バス)〜 15:25 時計台前(札幌)

日曜の朝に4:30起床です。
いいえ、修行僧ではありません。しがない会社員です。

ここでご注目いただきたいのは、この香ばしいまでのバス待ち時間です。
 →「1時間半」のバス②待ち
 →「45分」のバス③待ち
 →「8分」のバス⑤待ち(というか乗り換えダッシュ)

マジでこれ以外に方法がなかった(縛りがキツすぎる)

でも、「行かない」という選択肢は無いんです。
前泊するくらいの意気込みですからね!!!!!

「平取町立二風谷アイヌ文化博物館」までの旅路

早朝、JR日高本線への憂い

ホテルを出て駅までの道すがら、つけていたマスクが鼻息で凍りました。
1月後半、早朝5時。辺りは真っ暗。
気温なんて確認する気にもならなかったけど苫小牧って寒いんですね(?)。

まずは、苫小牧駅からJRに乗ります。人生初の日高本線。
乗車時間は1時間ちょい。眠いけどまだまだ余裕です。

事前に調べていたので、ここは慌てませんでした。
JR日高本線、途中「鵡川(むかわ)」駅から代行バスになります。

理由は「鵡川」~「様似(さまに)」間が 廃止区間 となっているためです。

2020年に廃止決定か?! 列車が走ることなく消えゆく日高本線のいま

正直、道民だけど知りませんでした…
列車が走らない線路。使われない駅。

バスの車窓からこの世の終わりみたいな朝焼けを見た

浅はかすぎる己を静かに呪った「富川」駅待合

すこし感傷的になりながらも無事、富川駅に到着しました。
ここで「1時間半」、平取行きのバスを待ちます。

これでも一応「1時間半は流石にキツイか〜〜〜???www」と思ってはいたのです。

まぁでも私、冬はマイナス2桁のオホーツク出身ですし??
ある程度は備えて着込んでるし??

多少暇にはなるだろうけど、PCもあるしなんとかなるっしょ。

…結論から言うと、全然なんとかなりませんでした。

・早々にiPhoneシャットダウン(以降、温めるまで起動しない)
・寒すぎて身体の感覚がなくなり始める
・指、足先が動かせなくなる
・座っていた椅子がお尻の体温で湿り始める(?)
・このまま座っていたら、死んでしまうのではないかと思い始める ※錯乱1
・身体を動かそうと駅舎を出て、方向もよくわからないまま歩き回る ※錯乱2
・耳が痛い、頭も痛い、震えが止まらない
・家はあるのに人が誰もいないし、店も開いてない(朝だからな)
・もう自分が何をしているかわからない ※錯乱3

あの日の私。
ぜひ「富川駅 駅舎」でググってほしい。
先人の教えに耳を傾けてほしい。

公共交通機関だけで行く!アイヌ文化を訪ねる一人旅(白老、二風谷)

暖房はありませんが、座る椅子もあり、ドリンク自販機もあり、
きれいに掃除されたトイレもすぐ近くにあります。
管理されている方のおかげです。本当に助かります。

朝8時開店のマックスバリュ富川店が徒歩圏内に無かったら、
本気でやばかったと思う(朝食買おうと思って事前に調べてた)。

やっとバスが来て(いたって定刻通り)
乗り込んだ社内があまりに温かくて、ちょっと泣いた

帰宅するまで手足痺れてました(なぜか風邪はひかない)。

誤解しないでいただきたいのが
決して駅舎が寒すぎる、暖房をつけろとかそういう話ではなく。
単純に自分が愚かすぎるという話ですので…。
時期や時間を舐めなければ、何の問題もないですし
評判通りキレイに掃除されていて、快適な駅舎でした!

「平取」バス待ちでおにぎりをもらう

満身創痍になりながら、「平取(びらとり)」の停留所に到着。
時刻は9:00
苫小牧を出発してからすでに3時間経過してるのがよくわかんない(?)

バス停近くに「ふれあいセンター びらとり」という施設があって
事前調べによると8:30から開いてる、図書館もあって休憩できる!
と期待していたのですが
床清掃の日??とやらで館内には入れませんでした。

大丈夫、大丈夫!
自分、クローズド人間(※)なので許容範囲内です。

(※)行く先々において、高確率で「CLOSED」「臨時休業」を引き当てる

ガタガタ震えながら(後遺症)、バスを待っていたところ
30代くらいの女性が待合スペースへ入ってきました。

お互い一人なので、なんとなくお喋りするかたちになり
最終的に、近くのコンビニで購入したというおにぎりと飲み物をもらいました。

経緯が全くわからない…覚えていない…

そんなこんなで、平取からバス乗車10分で「資料館前」到着!!!!

最適ルートは「高速バス」+「路線バス」

以上
「平取町立二風谷アイヌ文化博物館」までの鬼スケジュールでした。
4時間かかってるのは笑うしかないですね。

冒頭に挙げた2つの「ない」がなければ(ないがなければ??)
もう少しスマートに到着できたのではないかと…

というか行けるはずだ!!!必ずリベンジしてやろうと思っています。

ひとまず現時点で分かっている情報では
最適ルートは
「高速バス」+「路線バス」の組み合わせ
です。

帰り、びっくりするほど楽だった。

ちなみに8分の乗り換えダッシュは諦めてタクシー使いました
「富川大町」バス停見つけられる気がしなかったので(ナイス判断)

後編へつづく→

趣味カテゴリの最新記事