iPadでお絵かきチャット!「kakooyo!」を使っていて地味に困ったこと<2つ>

iPadでお絵かきチャット!「kakooyo!」を使っていて地味に困ったこと<2つ>

久しぶりに絵チャで遊びました

沙知です。
最近、友だちと絵チャする機会がありました。

絵チャとは?
→ お絵かきチャットのこと。1つのキャンバスに対して、複数人で同時に絵を描ける。

わたしは古のオタクなので、絵チャというと
お絵描きしぃチャット」「タカミンお絵かきチャット
が真っ先に浮かびます。

タカミンはまだ現役だった…ちょっと感動…

絵チャアプリ「kakooyo!」でお絵かき

今回は「kakooyo!」というアプリをiPadにインストールして、お絵かきしました。

kakooyo! – 楽しく描ける無料お絵かきアプリ

こちら、2年ほど前にすこしだけ使用したのですが
久しぶりに使ってみたら、困ったことがいくつかありまして…

その内容と、どのように対応したのかを共有したいと思います。

kakooyo!を使って困ったこと
 ① 友だちのフォロー方法がわからない
 ② 描画アニメのツイート方法がわからない

困った① 友だちのフォロー方法がわからない

ひとつめがこちら。
絵チャを始めるためには、チャットルームを作成する必要があります。

kakooyo!のアプリにTwitterアカウントでログインしたあと
「新規キャンバス」を作成するのですが

このとき、「相互フォローユーザーのみ入室を許可」を選択すると
自分と友だち以外のユーザーはルームに入ってこれないように設定できます。

今回は、自分と友だちだけで楽しみたかったのでこの設定にしました。

…のですが…困ったことに
肝心の「相互フォローユーザー」になる方法がわからない…

Twitter連携してて、互いにフォローし合っているけどそれじゃ✕
kakooyoユーザーとしてフォローする必要があります

ヘルプを確認したり、ググったりしてみたのですが
コレ!というドンピシャな方法は見つからず…(調査不足かもしれませんがw)

最終的に、以下のとおり対応しました。

kakooyo!で友だちと相互フォローになる方法
【1】「相互フォローユーザーのみ入室を許可」を選択せずに、キャンバスを作成
【2】アプリのTOP画面に、新規キャンバスとして表示される
【3】(※友だちの操作)ユーザーアイコンを選択→フォローボタンを押下
【4】フォロワーに追加されたら、こちらからもフォローする

 ※1で作成したキャンバスは削除(=相互フォローしてから新しく作り直す)

本当にこんな方法しかないのか…?という感じですが、とりあえずこれで解決しましたw

困った② 描画アニメのツイート方法がわからない

ふたつめはこちら。
kakooyo!には
お絵かきする過程を動画として再生する機能(以降、描画アニメと呼びます)
があります。

皆さんも、YouTubeなどでイラストのメイキング動画などを見たことがあるかもしれません。
わたしは、人様の描画アニメを見るのがとっても好きなのでw、
せっかくだったら、この描画アニメも一緒にツイートしたい!!
ということになったのですが…

kakooyo!アプリから「GIFアニメをツイート」を選択すると
URLがツイートされるだけ(Twitter上で描画アニメが見れない)。
しかも、URLにアクセスしても
「相互フォローしてないと見れないよ★」って言われるw

あのキャンバス作成時のチェックボックス…
入室の許可」だけでなく、「閲覧の許可」も一手に担っていたのでしょうか…??
(知らん人がルームに入ってこれないようにすることと、描画アニメを見れないようにすることって、だいぶ意味が違う気がするけどな…)

そもそも見られたくなかったらツイートで共有しない(笑)

こちらもいろいろ調べましたが、コレといった方法が見つからなかったので
以下で対応しました。

kakooyo!で描画アニメをツイートする方法
【1】iPadの「画面収録」機能を起動
【2】アプリのマイページを開く
【3】共有したいキャンバスの「見る」を押下して描画アニメを再生
【4】動画として保存されるので、トリミングしてツイート

原始的過ぎて、もはやkakooyo!関係なくなってる気もしますがww

「お絵かき」自体は、快適に楽しめます!

以上、ネチネチと文句みたいなことを書きましたが←
肝心の「絵を描く」ことに関しては、非常に満足度の高いアプリでした!

実は、こちらのアプリを作っているのは
CLIP STUDIO(クリップスタジオ)」という、プロ御用達のお絵かきソフトの開発元なんです。

なので、レイヤーはもちろん、投げ縄、乗算やオーバーレイなど、いろいろなツールが用意されています。これにより、とっても快適に絵を描けるんですね。
気になる方は、ぜひ使ってみてください!



ちなみに、同様のお絵描きチャットで「MagicalDraw」というアプリもあるようなので、別の機会に使ってみようかな〜と思っています。
その際は、比較なんかもできたら。

ということで本日はここまで。
お付き合いいただきありがとうございました。

[Eye catch image] Photo by klimkin on Pixabay

趣味カテゴリの最新記事